妊娠線を防ぐのは常識みたいです

先日マタニティ関係の雑誌を手にすることがありました。
その中に特集として、「妊娠線できた?できなかった?大調査」という記事が組まれていました。妊娠中に妊娠線ができたかどうか調査した結果が出ていました。出来た人は全体の50%くらいだそうです。
記事の中では運命の分かれ道となった原因を探っていました。
できてしまった人は予防の対策を意識せず、体重が10キロ以上増えた人が多いのだそうです。
逆にできなかった人は妊娠線を防ぐためにきちんと体重管理をして10キロ以上増えないようにしたり、こまめに予防用のオイルやジェルを塗っていたそうです。
なんだかマタニティ生活も制限ばかりで大変そうだなと感じました。妊娠線を防ぐことだけでこんなに意識を高めないといけないなんて苦労が耐えないですよね。だけど、体重管理することは赤ちゃんのためにも必要不可欠なことらしいです。
脂肪が増えると赤ちゃんが出てくるときの産道が狭くなって苦しくなるそうですよ。雑誌から得た知識ですが・・・。
妊娠したら2人分の栄養が必要になるからめいっぱいごはんを食べられるんじゃないかと思ってました。認識が甘かったです。
それから雑誌で勧めていたのが、妊娠線を防ぐために妊娠線予防対策クリームを使うことです。何でも妊娠線の予防には体重管理以外に皮膚を乾燥させないことが大事なのだそうです。きちんと保湿を施せば妊娠線を防ぐことができるのだそうです。ホントにママになるのも大変なんですね。

Comments are closed.