コンタクトレンズを使用する際の注意点

コンタクトレンズは、視力が弱い方でもメガネ不要で視力を向上させることができる今や定番のアイテムですが、使用法をしっかりと把握していないまま使用している人が多いようです。
目は常にある一定の涙を分泌させて目を清潔な状態に保とうとしています。
コンタクトレンズを装着している時は、涙が分泌していても、目の中に入ったゴミやチリを目ヤニとして輩出できない為、そのままゴミが目の中に残り、目の病気を引き起こすことがあります。
目のかゆみや、症状が重いと結膜炎や視力の低下までも引き起こします。
目の中を清潔に保っておくためには、市販のアイボンなどで毎日コンタクトを外し、目を洗浄してあげることで保つことができます。
水道水などで目を洗うと水道水に含まれている成分で目が痛くなるので、なるべく市販のアイボンなどを利用する方が安全です。
これ以上視力を低下させないためにも、毎日のケアを欠かさず行うことが大切です。
最近ではレーシックなどの視力治療がありますが、まだ未熟な手術のようで、手術を受けた約4割の人は目に違和感や痛みが残るようになったそうです。
現在安全に使用できるコンタクトレンズをちゃんと正確な方法で利用して、レーシックの手術に頼らないようにした方がまだいいようです。

Comments are closed.