カラコンに疲れたら、メガネにチェンジ

女性も男性もアンチメガネ派の人は多いですが、逆に端正な顔立ちの人はたまにメガネをかけると知的な印象を得られるという副産物があります。
メガネ=勉強というようなイメージがある成果、メガネをしている人は勉強ができるというイメージを沸かせやすいです。
これでファッションも清楚で清潔にしておけば、賢い人とみられること間違いなしです。
普段はカラコンで派手な印象を周りに与えている人でも、時折メガネの姿を露出することでただ派手な人なわけではないことをアピールできてしまったりもします。
髪が黒ければその効果はさらに上昇。
もはや知的な印象の方がつよいインパクトを残すことができます。
カラコンをずっとしていると目の疲れがきになることも多いと思います。
なので、目の疲れを癒やすタイミングに、このようなメガネの姿を周りにアピールして違うイメージ・印象を与えるのもひとつの楽しみ方かもしれません。
カラコンとメガネの同時付けの人もいますが、これはちょっとビジュアル系的に見えてしまう可能性があるのでちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

カラコンをしている人でもメガネを準備しておくことは必須です。
コンタクトがあればいいと思っている人は、メガネを用意していない場合があります。
しかし、災害や急なトラブルなどで水が使えないときなどはコンタクトレンズを使っているリスクや不便さが露呈するので、メガネは常にひとつは用意した方がいいかもしれません。

Comments are closed.