食品

糖質制限弁当を格付け!【ダイエット中に重宝する低糖質冷凍食ランキング】

糖質制限食は、ダイエットや筋トレ、健康リスクを気にする方に注目を集めている食事です。糖質が低い食事を自分で用意するのは難しいという方は冷凍タイプの「糖質制限弁当」を活用しています。

冷凍タイプの糖質制限弁当は宅配で自宅まで届けてくれる手軽さに加え、冷凍庫で長期間保管できます。電子レンジで温めるだけで毎日手軽に糖質制限食を食べることができるので、忙しい方でも手軽に効率よくダイエットや筋トレを進めることができます。

糖質制限弁当宅配サービスを提供しているサービス会社は複数ありますが、会社によっては価格も味もそれぞれ。実際に食べてみないと自分の好みに合うかもわからないのが正直なところ。
なるべく自分好みの糖質制限食を選ぶために、人気の高い低糖質弁当をおすすめ度で格付けしたランキングを参考にしてみてください!

1位:nosh(ナッシュ)

nosh
【セット価格】4食セット¥2,800(@700円)
6食セット¥3,880(@647円)
8食セット¥4,780(@597円)
10食セット¥5,480(@548円)
20食セット¥10,960(@548円)
【1食当りの価格】1食当り548円~(本体価格)
【送料】760円~

ナッシュはここがおすすめ!

ナッシュは90種類以上もの糖質制限メニューが揃っている冷凍宅配弁当サービスです。ダイエッターの愛用者が多く、糖質は低くても筋トレ中に不可欠なタンパク質をしっかり摂取できます。
糖質制限弁当の中でも味が美味しいので、ダイエットを長続きしやすいのもおすすめのポイントです!

まごころケア食 糖質制限食コース

【コース名】まごころケア食
【セット価格】7食セット 3,980円 / 14食セット 6,480円 / 21食セット 9,480円
【1食当りの価格】1食当り451円
【送料】送料無料(沖縄及び一部地域を除く)

まごころケア食はここがおすすめ!

まごころケア食の糖質制限食コースは1食当りの糖質量が15g以下に制限されているお弁当です。まごころケア食は、ご高齢者にも人気の高いお弁当で糖質や塩分量も控えめなので健康的な食事に切り替えたい方におすすめ!1食当りの価格がどのメーカーよりも安いので食費を節約したい方におすすめ!

ウェルネスダイニング 糖質制限気配り宅配食コース

ウェルネスダイニング
【コース名】糖質制限気配り宅配食コース
【セット価格】7食セット4,860円
【1食当りの価格】1食当り694円
【送料】初回送料無料・通常700円ですが定期便の場合は2回目以降も350円

ウェルネスダイニングはここがおすすめ!

ウェルネスダイニングのお弁当は糖質制限弁当以外にも塩分制限弁当やタンパク質制限弁当など制限食が充実してます。飽きの来ない豊富なメニューが揃っているので毎日食べる食事に◎

ベルーナグルメ ほほえみ御膳

ベルーナグルメ ほほえみ御膳
【コース名】ほほえみ御膳
【セット価格】10食セット5,980円
【1食当りの価格】598円
【送料】600円

ベルーナグルメ ほほえみ御膳はここがおすすめ!

ほほえみ御膳の糖質量は1食当たり15g程度なので、1日3食食べても1日の糖質摂取量を100gに抑えることができます。ほほえみ御膳以外にもほっとする味わいが楽しめる「匠の和ごころ御膳」、なつかしいおふくろの味が楽しめる「おふくろ御膳」、塩分が低く設定されている「はなまる御膳」など、多種多用な美味しいお弁当が食べられます。

つるかめキッチン 糖質制限気づかい御膳

【コース名】 糖質制限気づかい御膳
【セット価格】 7食セット 4,800円 / 14食セット 9,100円 / 21食セット 13,300円
【1食当りの価格】1食当り685円
【送料】定期便の場合、送料無料。その都度購入の場合は700円。

つるかめキッチンはここがおすすめ!

つるかめキッチンの糖質制限気づかい御膳は1食当り糖質15g以下に設定されており、味わいは優しく食材の美味しさを引き出した調理がされています。
やさしい味付けの食事が好きなご高齢者におすすめの糖質制限弁当です。

食宅便 低糖質セレクトセット

食宅便 低糖質セレクトセット
【コース名】低糖質セレクト
【セット価格】3,920円
【1食当りの価格】620円
【送料】390円

食宅便の低糖質セレクトはここがお薦め!

食宅便の低糖質セレクトは1食当り6g以下のお弁当が食べられます。1食当り5品の惣菜で構成されているので、おかずの種類が多い方がいい方におすすめ!

ニチレイフーズダイレクト 糖質を控えたい方向けコース

ニチレイフーズダイレクト
【コース名】糖質を控えたい方向けコース
【セット価格】7食セット5,500円
【1食当りの価格】1食当り785円
【送料】5,000円以上で送料無料

ニチレイフーズダイレクトはここがお薦め!

ニチレイフーズダイレクトは冷凍食品大手ニチレイのグループ会社です。長年の実績から作られる美味しい惣菜をお弁当に集約した美味しい食事が食べられます。

糖質が低い食品は?普段の食生活から見直せる糖質オフ食品

普段何気なく食べている食事から多くの糖質を知らず知らずのうちに摂取してしまっている人も多くいます。特にお米やパン、麺類は糖質が非常に高いものが多く、おかずよりも主食を多く食べる方は糖質過多になりやすい傾向があります。

ダイエットや筋トレをしっかりと進めて行くには糖質摂取量を管理することがとても大事です。
ここで改めて、毎日自分が食べているものの中に糖質が多いものが無いかをチェックしておきましょう!

糖質が多い食品リスト

おこめ(白米)、麺類(パスタ・うどん・ラーメン・そうめん等)パン・スナック菓子・パンケーキなど小麦粉を使用した食品、シリアル、フルーツ、人工甘味料を含む飲料など、甘いお菓子

糖質が高い飲み物

ビール、日本酒、ワイン、果実酒など

糖質が低い食品リスト

脂身が少ない肉類、肉類の加工品、魚介類、大豆類、海藻、きのこ、しらたき、野菜(いもなどでんぷんが少ない野菜)

糖質が低い飲み物

コーヒー、紅茶
お酒:ウイスキー・ウォッカ・焼酎・ジンなど

糖質オフ弁当で糖質オフダイエットを実践!

糖質オフダイエットを進めていく際に、毎日どんなメニューで食事制限していくとよいのか?ということを実践したおすすめメニューをレポートします!

基本的に朝晩はサラダ中心がおすすめですが、その生活を続けていくとどうしても満足感が足りない…とストレスが貯まります。
糖質を控えている時期も、たんぱく質やエネルギーはしっかり摂取する必要があるので、サラダばかりの食事で過ごすのはあまりおすすめできないことがわかりました。

実践した結果、毎日の食事のローテーションは下記の内容がおすすめの食事例です。
朝食は糖質を抑えながらも最低限のエネルギーを摂取しながら、昼食はなるべく好きなものを食べます。夕食は糖質制限冷凍弁当を利用するのがレギュラーメニューです。

1日目
【朝食】スムージー(noshの冷凍スムージー)
【昼食】ステーキ定食ごはん100g(外食)
【夕食】鶏肉のソテー弁当(noshの低糖質弁当)

2日目
【朝食】バナナ2本
【昼食】とんかつ定食・ごはん少なめ(外食)
【夕食】牛肉のデミグラスソース煮(noshの低糖質弁当)

3日目
【朝食】具だくさん野菜スープ
【昼食】そば(外食)
【夕食】鮭ときのこの蒸し煮(noshのお弁当)

4日目
【朝食】スムージー(noshの冷凍スムージー)
【昼食】てんぷら定食(ごはん少なめ)
【夕食】白身魚の南蛮おろし煮(noshのお弁当)

5日目
【朝食】バナナ2本
【昼食】カレーライスごはん少なめ(外食)
【夕食】鮭とあさりのクリーム煮(noshのお弁当)

6日目
【朝食】具だくさん野菜スープ
【昼食】生姜焼き定食 ご飯少なめ(外食)
【夕食】ハンバーグと温野菜のデミ

7日目(チートデイ)
【朝食】カフェのモーニング(パン・ソーセージ・スクランブルエッグ)
【昼食】ボロネーゼパスタ
【夕食】焼き肉(ハラミ・レバー・ロースなどを中心に)

ダイエットを長続きさせるコツはチートデイを設けることです。
毎日しっかり糖質制限をすすめる代わりに、週に一回は食べたいものを食べる、というのがおすすめ。食べたいものを食べることは問題ないですが、量には気をつけましょう。
また、夕食と一緒にお酒を飲む人の場合は、ビールなどを避けることも重要です。

お酒を飲みたい人の場合は、ビールや日本酒ではなく、ウイスキーなどの方が比較的糖質が低いのでおすすめです。

ランチは糖質と脂質が少なめの食事であれば、なるべく食べたいものを選んで良いと思います。毎日食べたいものが食べられないのはストレスが溜まってしまうので上手なバランスで管理するのがポイントです。

また、自分で糖質制限食のレシピを設定するのが難しい場合は糖質制限弁当を注文するのが時間的コストも食材コストも抑えられます。

ダイエットやスタイルキープのためにパーソナルトレーニングを実践している場合は、パーソナルトレーナーから食事メニューの指導もあると思うのでそれに従うのがおすすめ。やはり糖質量をしっかり管理することが大切なので、自炊するよりも1食当りの糖質量が記載されている低糖質弁当を利用するのが便利です。
せっかくトレーニングジムに通っているのに、毎日食べている食事で糖質を多量に摂取してしまっては無意味です。毎日の食事管理は徹底するようにしましょう!

コンビニで買える糖質制限弁当はある?

コンビニの商品も最近は糖質やカロリーオフの食品が増えてきました。冒頭で紹介した糖質制限弁当以外にもコンビニで買える糖質オフ食品を利用するのもおすすめです。

参考:糖質制限弁当宅配